スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微笑みの国Thailand 「番外編」

サワッディークラップ♪ 早くタイへ行きたいよぉ~!でお馴染みのBalonです。

今回は、タイで見かけたちょっと笑えるものと言う事で書きたいと思います。
ネタ的に、かなり弱い部分でもありますが、俺が帰国するときにスワンナプーム空港で
見かけた、これはないよぉ!というネタの写真です。

怪しいメニュー
所々光ってしまって写真が見にくいかもしれませんが、その辺はご容赦ください。

えぇ~っと、まずこの写真をクリックして拡大してメニューの品名をよぉ~く見てくださいましぃ
何か変だよ?って気が付くかと思いますが、例えば一番上の左から三番目の品名とローマ字を
読み比べてみると・・・・ん?なにこれ?ってのに、気が付かれるかと思います。

そうです!とんこつラーメンが 「とんンかつラーメン」になってるんですwwww
その他に、カレーうどんが 「カレうどん」に、サバの焼き物が 「サバのグリル調理済みのライスと」
って感じですから、もうこれ作ったやつ出てこいっ!て感じですねぇw
そのほかに、カレー関係は 「カレ」で枯れちゃってますからぁぁ!!残念っ!www

さすがに、こんな感じのメニューだったんでここでは食べなかったですけどね(゚Д゚;)
しかし、海外に行くと時々こんな感じのネタあったりと、海外って本当に楽しいですよね♪

また次回タイに行った時も、こういった小ネタがあったら日記に書きますのでお楽しみにぃヽ(´ー`)ノ


あなたのポチっ♪
一押し一押しが
俺にタイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

微笑みの国Thailand 「帰国編」

(´・ω・`)ノ チャオ♪ でおなじみのBalonです。

本日は帰国なのですが、何気に日本に帰国したくないなぁという気持ちもあったのですが
そうも言っていられず、8時ころに起きて身支度を整えてから、同僚と部下たちと一緒に
1Fにあるラウンジに降りて、タイで最後の朝食を摂りながら今日の予定の打ち合わせをし
全員食べ終えた後に、各自部屋に戻って荷物をまとめてそのままチェックアウトしてから
取引先の担当者と待ち合わせ、その後タクシーで移動してそこで最終打ち合わせを行って
打ち合わせ終了後、またタクシーでパヤータイ駅まで向かってエアーポートリンクで
スワンナプーム空港へ向かいました。

来る時は、陽が暮れていたので車窓の風景は気にしなかったのですが、今回は明るい状態での
移動でしたので、外の風景を何気に見ていたのですが、正直な感想を言うと日本人から見たら
バンコクは汚いというか、まだまだ発展途上と言う事もあるのでしょうが、アパートの屋上に
ゴミが大量に置かれていたりと、日本じゃまずあり得ない様な風景を見ることになりした。

あと、日本じゃあり得ない状況と言う事で書くと、サラデーン駅へ通じる階段でたぶん4~5歳?くらいの
女の子が自分の前に空き缶を置き、物乞いをしている姿を見かけましたし。
夜のタニヤ通り近くの歩道で、腹這いで移動しながら物乞いをしている男性も見かけました。

世界各地には、未だに貧富の差がある国は多いですが、映像ではなくリアルでそういう状況を
目の当たりにすると、正直言ってかなり心が痛みますね。

タイで貧富の格差を無くすというのは、本当に難しい事だと思いますが出来る事なら小さな子供が
物乞いをしなくて済むような国になってほしいって俺は思いました。


と、雰囲気が少し暗くなったので気分を変えて空港に到着してからの話に戻りましうw
何だかんだで、15時過ぎくらいにスワンナプーム空港に到着した俺達ですが、先ず最初にチェックインを
しておきたかったので、タイ国際航空のチェックインカウンターに向かったのですが・・・・。
エコノミー用のカウンター前は長蛇の列で、俺たちの順番が来るまで30分ほど待たされ
ようやくチェックイン手続きと手荷物を預ける事ができました。

その後は、手ぶらになったので先ずは空港内散策だと言う事で、一番最初に探したのは喫煙所!w
インフォメーションで、喫煙所の場所を訊いたところタクシー乗り場前に在りますよ
と、教えてくれたので早速移動開始しました。

歩く歩道形式のエスカレーターで1Fまで下るとちょうど目の前に喫煙所があり
そこで、至福のスモーキングタイム♪

一服を終えた俺達ですが、実は俺たちが搭乗する予定の出発時間まではかなり時間があると言う事で
時間的にかなり余裕があったので、マッサージでも受けに行こうか?という話になり
3Fに在るマッサージ店で、今回もフットマッサージをやってもらいました。

ただ、空港価格というやつですかね?前回サラデーン駅近くのマッサージ店で1時間マッサージを
してもらった時は、250Bだったのですが、空港内ではフットマッサージ1時間で380Bでした。
でも、今回もすごく気持ちよかったので、終了後に100Bほどチップをあげて店をでました。

マッサージ店を出た後は、また一服タイムと言う事で、1Fにある喫煙所へ移動して一服♪
このあとは、出国手続きをしにまたチェックインカウンターの在るフロアーに戻ってきましたw

一応、出国手続き前に周辺の写真を撮っておこうと思って、撮影したのが下の写真です。

空港塔
チェックインカンターのあるフロアーのど真ん中に建てれていた塔です。
これを撮影した時は、他の観光客も記念で撮影していたので、それが終わるのを待って撮りました。

タイ国王肖像
タイ王国国王ラーマ9世の肖像でございます。
右横に記帳台の様な物が置いてあって、そこで何やら記帳が出来たのですが
他の観光客が記帳していたので、今回は記帳せず撮影のみとなりました。

タイ国王説明
ピンボケで申し訳ないですが、国王の説明文です。

空港塔
なんの像だか分からなかったのですが、たぶん日本で云えば仁王ですかね?
他の所にも、同じような像が在ったのですがそちらは撮影してません。

こんな感じで、撮影した後は覚悟を決めてイミグレに向かったのですが・・・な・・なんとっ!?
混んでいる時は1時間も待たされると云われていたイミグレが、ガラガラで5分位で
通過できてしまいましたヽ(´ー`)ノ

しかし、今回のタイ出張ですが、真面目にイミグレ運が良かったみたいで?
次回の渡航時が、怖くなりますよ (゚Д゚;)

無事にイミグレを通過した俺たちですが、食事をしてなかったため腹が減りまくりで
とりあえず、レストランを探そうと言う事で、歩きだしたのですが・・・・・。
この時に、初めてスワンナプーム空港の広さを知りました....orz
建物の端から端まで歩いて、距離800m・・・・どんだけ長いんだぁぁ!!って思わず叫びたくなったよ
というか、実際は1km以上あるんじゃない?って感じもしましたが、敢えてそこにツッコミを
入れるのを諦めました・・・何と無くそこにツッコんだら負けな様な気がして・・・・。

やたら長い空港内を歩きながら、水などを買おうと店に入ったら街中のコンビニでは7Bで
売っていた様な水が約三倍弱の価格30Bで売ってましたよ。
つまりあれですね、海外に行く人や外国人は、みんな金持ちだから高い価格でも買うだろ云う
暴利価格ってやつですかねぇ?でも買わずに水分を取らないでいられると言う事ではないので
結局はその値段で買いましたが、なんか損したような気分になったのは俺だけですかね?

でもって水を買った後は、また食事のできるところを探してウロウロして日本でもお馴染みの
Burger Kingでセットを注文して食べましたが、注文の際に飲み物とポテトをラージで頼んだら
こんな感じで出てきましたよぉ (゚Д゚;)

バーガーキング
えっと・・・大きさ的に分かりにくいかと思いますが、トレー奥にあるダブルチーズバーガーが
異様に小さく見えませんかね?
コーラがたぶん1リットルくらいあるんじゃないか?って感じでしたしポテトもこんな感なので
これを食べ終えたら、結構おなか一杯になりましたよw

この写真には写ってませんが、他の連中の物も似たような感じで後からドカドカときました。
食べ終えた後は、また空港内の探検と言う事で、歩いてると土産を買ってない事を思い出し
急きょ土産を販売してる店で、乾燥マンゴーの袋詰めを2個買い免税の書類と一緒に
手提げ袋に入れてもらい、それを持ちながら空港内探検を再開しましたが、さっきも書きましたが
広すぎて途中でダウン・・・というか真面目に歩き疲れた感じがしたので、搭乗口のあるフロアーまで
移動して、フロアーにあるベンチで一旦休憩となったのですが、実は近くに喫煙所がなくて
喫煙所のあるフロアーと、みんなが居るフロアーを行き来してたら余計疲れました.....orz

その中で、何気に見つけた珍しいものがあり、記念とばかりに撮影しました。

自販機
バンコクでは、自販機を一台も見かけなかったのですが、空港に来てここで初めて見ました。
多分空港内なら安全だと言う事で設置してるんだと思うのですが、使える紙幣と硬貨の写真が
投入口に貼ってあるのが、タイらしいというかなんとなく微笑ましくなりますねw

で、そんな感じで喫煙所とみんなの居るフロアーを何往復したか分からなくなってきたころに
タイ国際航空TOKYO/NARITA行きTG642便の、ボーディングオープンの時間となったので
搭乗ブリッジのあるエリアに移動して、さらに搭乗時刻になるまで1時間くらい待って
TG342便に搭乗しました。

ここで余談ですが、今回搭乗した便も含め行きと帰り共に、同じスターアライアンス所属の
ANAとコードシェアー便と言う事で、ANAでチケットを購入した乗客も居たようです。

搭乗後は、オンタイムでスワンナプーム空港を離陸して、一路成田へ向かいました。
今回は、行も帰りもエコノミーだったのですが、帰りが最もしんどかったというか
深夜便と言う事で、機内でシートを倒して寝るのですが、あまりシートを倒せなかったのと
足元が狭すぎて、ほとんど寝付けませんでした。

でも、その中でゆういつの楽しみと言えば、機内食なのですが今回も美味しくいただきました。
機内食は、成田到着1時間半前くらいから出されて、今回俺がチョイスしたのはこれです。

機内食復路1
朝食という感じで、揚げパンとヨーグルト、フルーツが一緒に出されました。

機内食復路2
蓋のアルミ箔をはがすと、中身はお粥で味も薄味で、一緒にあった塩をかけて食べましたが
結構美味しかったですよ♪

揚げパンは、バターをつけて食べると余計に、脂っぽくなったので最後の方はバターなしが
美味しかったので、結局バターをつけたのは最初だけでしたw

食べ終えた後は、到着までまたマッタリという感じで、機内ビデオを観たりしてましたが
途中富士山が見えますというアナウンスで、ブラインドを上げると、遠くにですが綺麗に
富士山が見えました。
上空からみた富士山の写真をと思いましたが、これも撮影し忘れました....orz

あっ!そうそう窓から見えた風景と言う事で、思い出したのですが、外がまだ暗い時間に
何度か目が覚めて、ブラインドを上げて外を見ていたら、綺麗な天の川と星を見る事が
出来たのと、そんな多くはなかったのですがふたご座流星群のはしりだったのか
いくつか流れ星も見ることが出来ました。

こんな感じで、狭いながらのエコノミー席での楽しみを見つけつつ過ごした5時間でしたが
富士山を通り越した辺りから、降下を初めて予定より20分ほど早く成田空港に着陸して
無事日本に戻ってこれました。

機を降りた後、帰国手続きもあっさり終わり、預けていた荷物を受け取ってから、お約束の一服を
済ませ新宿方面行のリムジンバスに乗って、そのまま会社に出勤となりましたw


これで、タイ出張の旅行記は終了となりますが、今回の日記を書いてみて自分の文章力の無さと
写真の数より文字数の多さが目立って、かなり読みにく日記となりましたがこれを反省点として
これからも書いていくであろう、日記の書き方を考えて読みやすい日記にできればと思っていますので
これからも、よろしくお願いいたします。

ここまで、お読みいただいた皆様には本当に感謝です。
また次回では読みやすい日記を書くように心がけますので、次回の日記でまたお会いいたしましょう!



あなたのポチっ♪
一押し一押しが
俺にタイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

微笑みの国Thailand 「滞在編3日目」

サワッディー♪ いつもニコニコ早くタイに行きたい!でお馴染みのBalonですヽ(´ー`)ノ

さて、今日は滞在3日目で尚且つOFF日と言う事で、のんびり部屋で寝ていようかと思ったけど
なぁ~ぜか、7時ころに目が覚めてしまい、昨日まで食べに行ってなかったホテルののラウンジで
朝食を摂ることにしました。

さすがに、起きてすぐにというのは出来なかったので、起きて30分ほどボーっとしながら
部屋にあったインスタントコーヒーを飲みながら、リビングのソファーで寛いで目を覚ましてから
1Fにあるラウンジへ降りていきました。

ラウンジのボーイに朝食のチケットを渡し、濃い目のコーヒーを頼んでから空いてる席に座って
コーヒーが運ばれてきた後に、朝食のバイキングコーナーへ食べたい物を取にいきました。

俺たちが泊まっていたホテルは、朝食はバイキング形式で、自分が好きなものを選べるのですが
若干メニューの数が少なくて、メインにパン類、ご飯はお粥とタイのチャーハン、スープは味噌汁と
タイのスープ、サラダは標準的に種類も豊富で、トマトのスライスやレタス、その他の葉物など
ドレッシングも、マヨネーズ系からイタリアンなど数種類用意されてました。
そういえば、チーズなんかも並べられてましたね。

飲み物は、5種類ほど冷たいジュースがサーバーいっぱいに入ってました。
で、この日俺がチョイスしたのは、食パン2枚、お粥、オレンジジュース、果物にサラダという構成で
自分の座っていたテーブルに運んで食べたのですが、お粥が若干塩気が足りず、塩を少し足してから
食べましたが、全体的に言って、かなり優雅な雰囲気の朝食でした。

ただ、この優雅な雰囲気をぶち壊したのが、大声でしゃべりまくりマナーもヘッタクレもない
中国人家族・・・というかマジでやかましいし、富裕層だかなんだか知らないけど見ていて
本当に落ち着きがなく、心の中ではさっさと立ち去ってくれと思っていたのですが
なかなか立ち去らない様だったので、俺の方が早々に食事を切り上げて、部屋に退散しました。

まぁ、中国人のマナーの悪さは知ってましたけど、あからさまに目の前で見せられると
マジで嫌になりますよね・・・さすが世界の嫌われ者?って感じでしたよ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

部屋に戻った後は、TVを観ながらソファーで寛いでいたら、そのまま寝てしまい13時過ぎころかな?
部屋のチャイムの音で、目が覚め誰かが来たのかな?と思いつつドアを開けたらハウスキーパーでしたw

掃除希望札も、ドアに下げてなかったのですが、確認のためにチャイムを鳴らしたとの事
せっかくなので部屋の掃除とベッドメイクを頼みました。
と言っても、俺が部屋にいると邪魔になりそうなので、ハウスキーパーに20Bほどのチップを渡して
遅めの昼食を摂りに外に出たのですが、タイ飯もなんだなぁと考えつつタニヤ通りの方へ行ってみました。

ここには、サラデーンの象徴的?な商業ビルタニヤプラザというビルが在るのですが、その中に
何件か日本食レストランが入っていて、そこで何かを食べようかと思い、タニヤプラザに入って
さっそく日本食レストランの前で、物色を開始w
その中で、気になったのが日本でもお馴染みの、ご飯処大戸屋でございますw
タイにも大戸屋は在るんだね・・・なんて思いつつ店に入ると空いてる席へと店員の女の子に案内され
席に着くとメニューを手渡され、とんかつ定食?、焼き魚定食?・・・・などと考えてたら
タイではそうそう食べられないだろうというメニューがありまして、それを注文しましたw

ざるそば
で注文したものは、こちら!・・・って単なるもりそばなんですけどね(゚Д゚;)

タイにいると、そんなに食べられないだろうと思って注文したんだけど、蕎麦が若干柔らかかった
でも、味は日本で食べる物と変わらなかったですよ?w
そうそう、写真の奥に写ってるのは普通のアイス緑茶なんですが、これをストローで飲むってのも
結構不思議な感覚でしたよ?というか、俺が普段そういう風に飲まないからそう感じたのかも?

食べ終えた後、もりそばの料金140Bを払って店の外に出たあと、別フロアに実銃射撃体験が
できるというショップを発見して、気になって店に入ったところ日本人経営のショップで
日本の方が応対してくれたのですが、話を訊いたところ拳銃数種類に総弾数50発で2800Bで
タイ国軍の射撃訓練場で撃てますよって話をしてくれたのすが、ただバンコクから
行って帰ってきて3時間くらいかかるのと、今日はもう既に受付が終わってるとの事で
明日の午前中ならできますよ?って話をしてくれたんだけど、翌日は帰国するのと
仕事で来てるので、時間が取れないと言う事で次回個人で来た時にお願いしますと
話をして、店を後にしてホテルの部屋に戻る途中、別の会社でタイに駐在員として赴任している
友人から電話があり、今日の夕方から時間が取れますが、タイに来てるのなら
夕飯でも一緒しませんか?というお誘いを受けたので、久しぶりに会うと言う事で
会う約束をしました。

そのあと、どこで待ち合わせる?って話になり

友 「いまどこの地区のホテルに泊まってますか?」

俺 「シーロム地区のシリ サトーン ホテルに泊まってるけど?」

友 「それじゃ、BTSのアソーク駅の改札前で待ち合わせしませんか?」

俺 「行き方としてはどう行けばいい?」

友 「サラデーンからBTSで行けますけど、途中乗り換えが面倒なので地下鉄のシーロム駅から
スクンヴィットに出てそこからアソーク駅まで歩いた方が早いですよ?」

俺 「地下鉄ってMRTでいいんだよねえ?」

友 「はい!そうです。サラデーンの駅からシーロムの駅は通路で繋がってますから、そこを
歩いて行けばシーロム駅まですぐですよ」

俺 「了解!で、待ち合わせの時間は何時にする?」

友 「16時半はどうですか?そのころにアソークに行けますので」

俺 「OK!じゃアソーク駅の改札前に着いたら、こっちから電話するよ」

友 「はい!もしかしたら電車に乗ってる可能性もありますが、気にせず電話をください」

俺 「了解!またあとで電話するよ」

友 「では、またあとで」

という会話で、友人との電話は終了しました。

実は、俺たちがタイに行く前に、友人にはメールでタイに行くことを知らせていたのですが
仕事で時間が取れないかもしれないです。という返事が届いてたのですが、うまく時間が取れた様で
久しぶりに会う友人に、日本からの土産を・・・・って何も買ってねぇ!?
というか、急に会う事になったし土産がなくてもいいかっ?って事で土産の事を気にするのを
やめて、そのままホテルに戻りました。

部屋に戻ったのが14時半くらいで、しばらく時間があると言う事でまたリビングのソファーで
TVでHNKの海外放送を観ながら、時間をつぶして15時半過ぎに、準備をして部屋を出ました。

この時なんとなく歩くのが面倒だな?って思ってしまい、ホテル近くにいたモーターサイの
運ちゃんを捕まえて、シーロム駅まで行くように交渉し60Bなら行くと言う事で
あまり時間もなかったので、それでOKしたのですが、少々高かった様な気がしましたが
細かく気にするのもなんだなと思って、そのまま乗り込み5分ほどでシーロム駅入り口に到着
駅入り口から地下に降りて、スクンヴィットまでの切符を購入し、ホームに降りて
来た地下鉄に乗って、スクンヴィットに向かいました。


と、ここでタイの地下鉄の切符の説明とモーターサイの説明です。
タイの地下鉄の切符は、前回「滞在編1日目」で説明したBTSのテレカの様な切符ではなく
ICチップが埋め込められた黒いコインの形をしています。
購入の仕方は、BTSと一緒で目的地の料金を先に押してから、料金を券売機に入れて
出てきたコインを受け取り、改札の読み取り部分にSuicaなどをかざすのと同じように
黒いICコインをかざして改札を通過するような感じになってます。
降車駅では、改札にICコインを投入する口があるので、そこに投入して通過します。
こんな感じなので、BTS同様地下鉄も一回乗ってしまうと慣れると思うので
乗った事のない方は、ぜひトライをしてみてください。

あともう一つのモーターサイですが、簡単に言えばバイクタクシーです。
日本では、もちろんバイクタクシーなんて走っては居ませんが、タイでは庶民の足であり
大通りなどで客待ちをしているモーターサイの運ちゃんを多く見かけますので
こちらも機会があったら、乗ってみると結構楽しいしノーヘルで乗る感覚は凄くいいですよw

この他に、三輪タクシーのトゥクトゥクなどもありますが、これはご存知な方も多いと思いますので
説明は以下略・・・というかGoogleで適当に検索すれば、結構出てきますのでそちらをお試しください。


では、話を元に戻して、さっきの話の続きですw
どうにかこうにかですが、スクンヴィット駅で降りて、看板を頼りにアソーク駅の改札前に到着し
友人に電話したところ、友人もちょうど駅に着いたところで、無事に合流できました。

合流後は、アソーク駅前にあるファッションビル ターミナル21へ向かいました。
ここは、去年の10月にオープンし9階建てのショッピングセンターと20階建ての
サービスアパートメント(ホテル)が入っています。
この、ターミナル21は世界各国を模したフロアーがあり、中には日本のフロアーなどもありましたが
日本フロアーの店の看板などは、日本人から見たら怪しさ満載?状態で結構楽しめますよw

友人と合流した俺達ですが、何を食べるか決めてなくて昼に日本食を食べたので、タイ飯でも
と言う事で、フードエリアにあるタイレストランに入り、友人に適当に注文してもらいましたw

お互いに辛い物好きと言う事もあり、辛いモノ中心で注文してもらい食べたのですが、タイの麺を
辛めのソースと混ぜて食べる物は美味しかったですよ。
その他に、タイの東北の料理イーサン料理でもち米と一緒に食べる料理もあって、これも美味しく
いただきましたw
というか、この時も写真を撮り忘れていて、何品頼んでどんなのを食べたのかあまり覚えてなくて
記憶的に、かなり曖昧になっていて申し訳ありません <(_ _)>

そんな感じで、食事を済ませて支払いは?となった時にせっかく時間を作ってくれたのだから
今回は俺がごちそうするという事で、俺の方が支払いましたがこの時に支払った金額が
確か1200Bくらいだったかと思いますが、自分的には二人で食べてこれくらいの値段なら
結構安かったんじゃないかな?と思ってますが、どうなんでしょうね?w

そのあとは、友人の勧めもあってタイの携帯を買いに行くことになり、友人の案内で携帯ショップへ
タイの携帯は、日本の携帯と違って、SIMフリーである事と、プリペード式だと言う事なので
自分の好き携帯を購入して、好きな電話会社のSIMを買ってチャージすればタイ国内ですぐ使える
そうなので、早速購入しましたw

実は、俺がタイの携帯を購入する切っ掛けとなったのは、日本国内で使っている携帯でタイにいる時に
着信すると、発信側だけではなく着信した側にも料金がかかると言う事で、無用な料金請求を
避けるという意味合いもあって購入したのだけど、着信で1分辺り120円くらい取られるらしいし
出来るだけこういうのは避けたいし、仕事で来てるとなおさら個人での出費は抑えたいからね

タイ携帯
購入した携帯はSAMSUNGの一番シンプルなもので、メールと通話しかできないものです
しかも、タイ語は全く読めないのでメール機能は使いませんw
SIM 123
購入したSIM は、1・2・call のSIMです。(国際電話不可)
一応このセットで1000Bかからなかったと思います。日本円だとたぶん1800円くらいかな?

チャージレシート
SIM には最初から20Bほどチャージされていたけど、足らないと思うので追加で100Bを
チャージした時のレシートですw 

携帯を購入した後は、友人は用事があると言う事で、アソークの駅前で別れて俺一人
ターミナル21へ戻ってショッピングセンター内を散策してたけど、この中は本当に広くて
観てて結構楽しかったですよw

吊り橋1
これは、ターミナル21のサンフランシスフロアーの橋のジオラマで橋脚の部分から撮影しましたw

吊り橋2
こっちは、別の角度から撮影したものです。

ここの他に、ハリウッドフロアーに巨大なオスカー像も在ったのですが、そっちはうっかり
撮影し忘れました.....orz
またタイに行ったときに、撮影してきますのでその時までお楽しみにぃ~♪

まぁこんな感じで、適当にターミナル21を散策し終えて・・って全部観てないけどね?w
時間的にいい時間になったので、とりあえずホテルに戻るべく、スクンヴィット駅に向かいました。
本当は、ナナの方まで行こうかと思ったけど、時間的な事を考えて素直にホテルに戻る事にw

スクンヴィットから無事にホテルに戻った後は、翌日の帰国もあるのである程度荷物を片付けて
他の連中の様子を見に部屋に行ったら、見事に3人とも部屋に居ませんでしたよwww
タイ最終日だからどこかの盛り場に繰り出しているんだと思うけど、遅くならないうちに
戻ってくることを願うばかりでしたと・・・一応書いておこう?w

というか、大人なのだから心配する必要はないんだけど、朝まで戻ってくればいいやって
くらいで考えて、俺はさっさと寝ましたよw



と言う事で、微笑みの国Thailand「滞在編3日目」はいかがだったでしょうか?
写真の枚数の少なさと、文字数の多さはかなり否めないので、その辺も今後の課題として
皆さんの読みやすいように、試行錯誤していく所存ですので、どうかよろしくお願いいたします。


次回は、いよいよ「帰国編」と言う事で、今回の旅行記は最終回になりますが
引き続き日記を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

それでは、次回 笑みの国Thailand 「帰国編」でお会いいたしましょう!(* ^ー゚)ノバイバイ


あなたのポチっ♪
一押し一押しが
俺にタイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
                                                              

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

微笑みの国Thailand 「滞在編2日目」

サワッディークラップ♪ タイの暑さが懐かしくて仕方がないで、おなじみのBalonです(・ω・)ノ

さて、今回は滞在編2日目以降と言う事で、昨日の日記の続きとなります。

2日目の朝は、前日の移動の疲れもあって若干寝坊気味で9時ころ目が覚め、朝食をラウンジで
摂る予定だったのですが、起きた時間が若干遅めだったのでラウンジでの朝食を諦めて
別の部屋で若干暇そうにしていた同僚と一緒に、朝の散歩&朝食を摂りに出かけてみました。

で、外に出た瞬間暑い!・・・というかタイは12月で乾季に入っているので、雨期のころと比べると
そんな暑くないはずなのですが、なぜだか暑い....orz

朝からすでに25℃以上はあるんじゃないか?といった感じの気温で、迂闊にも部屋に水のペットボトルを
置いて来てしまった俺は、サラデーン駅へ向かう道の途中にあるセブンに寄って、水を購入し
店を出た俺と、同僚ですが歩道を歩いていてなんか道が広くないってない?という違和感に駆られ
辺りを見渡してみると、昨日の夜あふれんばかりに歩道に出てた屋台が一軒もない事に気が付きました。

やっぱり、昼間と夜では雰囲気がかなり違うなぁなどと話をしていると、とある店の前でまた違和感が?
それで、その違和感というのが、まさにお国柄というか・・・タイそのものの違和感なのです( ゚Д゚)ポカーン
タイ ドナルド
マックの・・・・ド・・ドナルドがっ!ワイをしてるぅ!?
※別の場所のマックの前で撮影したため実際に行った店舗の物とは異なります。







デブドナルド
俺たちの知ってるドナルドってこれじゃなかったっけ?・・・・・!?・・・( ・д⊂ヽ゛・・・違った!(゚Д゚;)

やらないか?ドナルド
こんな感じなのが、ドナルドかと思ってましたが、さすがに世界は広いというか、ワイをしているのは
タイだからなんでしょうね.....。

タイ国際航空
ちなみにワイ(英語: wai, タイ語: ไหว้)は、タイの伝統的挨拶で先方への敬意を示すもので
合掌してお辞儀をする。
東南アジア・南アジアで広く用いられている、合掌による挨拶の一種です。

日本もタイと同じく仏教の影響が強いため、合掌の仕草自体は頻繁に用いられているがワイは日本のそれとは
幾つか異なる要素があり、またタイの文化に重要な位置を占める儀礼のため、行うに当たっては注意を要する

特徴
・掌を完全に合わせるのではなく、中を少し膨らませる。これはワイが、仏教と縁の深い蓮花の蕾を
模していることによる。

・挨拶としては、挨拶語「サワッディー」を伴うことが多い。
合掌の位置が上であるほど、またお辞儀が深いほど敬意の高さを表す。親指を鼻に限りなく近づけるのが
最高の作法とされる。

・ワイはあくまで若年者や社会的地位が低い者が年長者や目上の者に対して行うものである。
従って、先方が明白に年下だったり、サービス業の店員だったりする場合はこちらから無闇に
やるべきではない。
相手からワイをされたら微笑するか、軽いワイと会釈をして返す。なお、ビジネスシーンなど双方が初対面や
同格の時は、お互いワイをすることもある。

・相手によってワイをいかに使い分けるかは、今も階級が細かく分かれているタイでは礼儀上非常に
重要視されており(タイの階級も参照)、階級以外にも相手との関係(年齢・収入・学歴など)によって
ワイの作法も異なってくる。子供達は幼稚園の頃からワイのやり方をしっかり躾けられる。

・日本での合掌のような、感謝やお願い、謝罪の意味は無い。
Wikipediaより引用

補足ですが、男性のワイと女性のワイでの仕草は若干異なり、女性の場合ワイをする際に若干膝を
曲げる様な仕草が加わるそうです。
※もしこの補足が違ってましたら、コメントにお書きくださいませ。


と・・・また話が脱線してしまいました....orz
で、話を元に戻して、サラデーン駅近くに在るマックに入って朝食をと言う事になり入ってみました。
サラデーンマック
※夕方に撮影したため実際に入った時と、雰囲気が異なります。

俺が、注文したのはチーズバーガーのセットで、同僚は朝っぱらからビックマックに似た様な物の
セットを注文していました。
ちなみに、俺が頼んだセットは価格が140Bくらいだったと思うけど、あまり覚えてなくてすみません。
しかも、写真を撮り忘れていて、注文した物の写真がなかったりします....orz
なので、適当に脳内で想像してくださいませ。

肝心の味ですが、いたって普通でした・・・というより、日本で食べる物と違いはありませんでした。
ただ、少し違う感じがしたのは、コーラの味ですかね?日本とは若干味が違った様な気がしますが
極端に気になるほどでもなく、美味しくいただきましたw

お互いに食べ終えて、今日の予定の打ち合わせを軽く済ませ、ホテルに一旦戻る事になり途中セブンで
水と他の飲み物を何本か買ったのですが、その中で一口だけ飲んで捨てたものがあります。
それは、お茶・・・最初購入する時は、大して気にも留めず購入したのですが、ホテルに戻って飲んだから
滅茶苦茶甘い!?・・・・一瞬なにこれ?って感じで記憶が飛びそうなくらい驚きましたよ
普段飲んでいるお茶の感覚で飲んだから、口の中いっぱいに広がる甘さで、びっくりってやつでしたよ

タイでは、お茶に砂糖を入れると話には聞いてましたが、まさに不意打ちでしたね(゚Д゚;)
お茶のペットのパッケージには日本語で、麦茶みたいな感じで書かれていたのですが
まさか、一口飲んで即座に吹き出すようなお茶だったとは、ある意味地雷もいいところでしたよ
なので、その吹き出したお茶のペットは、そのままキッチンのシンクに流しましたw
そのあとは、口直しとばかりに一緒に買ったコーラを飲んでました・・・。

そんなこんなをしてる間に、客先と打ち合わせと視察があるのでまた同僚と部下を伴ってホテルを
出発する時間になり、フロントでタクシーを呼んでもらって、客先へ出かけました。

その後ですが、夕方ころにホテルに戻り少しゆっくりしてから、夕飯に早いですが散策と言う事で
また、同僚と出かけることになり、サラデーン駅の近くにある繁華街タニヤ通りとパッポン通りを
ちょっと散策、時間的に早かったのもあって閑散としてましたが、ちらほらと屋台の開店準備などを
している様子も見受けられたので、しばらくどこかで暇をつぶすことにしようと言う事で
俺は、タイに来たらぜひ行ってみたい店があるから、そこに行こうと同僚を誘って、とある店を探しました。

あっ!一応断っておきますが、夜のいかがわしい店ではないですよ!?w
いたって健全なお店ですよw

古式マッサージ
行きたい店というのは、タイ古式マッサージですよぉ♪
※この写真も借り物ですw

と言う事で、サラデーン駅周辺をちょっと散策して、比較的人が入ってる店が在ったので、入ってみました。
店名などは忘れましたが、タニヤ通りに近いところにある店でした。
料金は、フットマッサージ60分で250Bほど、オイルマッサージは450Bくらいだったかな?
本当は、全身をやってもらおうかと思ってたのですが、とりあえずは足だけでいいやと言う事になり
フットマッサージだけをやってもらいました。

最初、入店した時にコースを訊かれ、フットマッサージのみと言う事を告げると、履いてるGパンを
専用の物に着替えてほしいと云われ、見た目ステテコ?の様な物を手渡され、更衣室に案内されました。
更衣室で、そのステテコの様なズボンに着かえて、店員を呼び施術用の席に案内された後、マッサージ師の
おばちゃ・・・もといお姉さんが来た後に、何やら桶にお湯が入ったものを、持ってきて足を
お湯に入れてくれというので、それに従って足をお湯に浸けたら小型のブラシで足を洗ってくれました。
しかし、足をブラシで洗ってくれるのは良いのですが、妙にブラシがくすぐったくて、それを我慢するのに
結構苦労しましたが、どうにか耐えきって足の洗浄は終了、そのあとは片足ずつ専用のオイルをつけて
丹念にマッサージをしてもらったのですが、やってもらってる最中で一番辛かったのが、足裏のツボ押し
これがまた、痛いのなんのって・・・足裏の土踏まずや指を専用の木の棒で押してくるんだけど
それが、痛い!というかそれだけ臓器も疲れも溜まってると言う事で、痛いのを我慢していたのですが
途中で我慢しきれず、痛いって云ったらマッサージ師のおねいさん?が、ドヤ顔でマイペンライだってぇ!?
マイペンライとは、タイ語で「大丈夫・気にしない」という意味なのですが、まさかマッサージ店で
足ツボを刺激されながら、マイペンライと言われるとは思ってませんでしたよ・・・・。
でも、その痛さを我慢しただけあって、終わった後は足がかなり軽くなりましたよw

しかし、250Bって日本円にしたら700円しない価格で、1時間もマッサージをしてもらえるというのは
本当に至福の時間だよねぇ♪

で、一通り足のマッサージが終わった後、軽く首筋や肩・背中などのマッサージもやってくれたのですが
俺の肩を揉みながら、マッサージ師のおねいさん?が、お客さん何この肩の硬さは!?って驚いてましたよw
お客さんもし時間があるのなら、全身マッサージもやった方がいいですよって言ってたけど
この時すでに、かなり空腹だったのでまた時間があるときに来ますよと云って全身マッサージは断りました。
もし全身マッサージをやってもらっても、大した金額じゃなかったからやってもらってもよかったんだけど
同僚も一緒にいたので、この場は一応断りました。

そのあとに、せっかく全身マッサージを勧めてくれたおねいさん?に申し訳ないので20Bほどチップを渡して
ステテコ?から着替えてフットマッサージの料金250Bを払って店の外に出た時は、既に外も暗くなっていて
夕飯はどうする?という話になり、タイ飯もいいけど日本食も食べたいね?という話になり
ホテルの部屋にいた部下を電話で呼んで4名でタニヤ通りと、パッポン通り1と2の通りを散策し
目についたラーメン屋でラーメンとビールを注文し夕飯としました。

タニヤ
夜のタニヤ通りを、スラウォン通りからサラデーン駅の方向で撮影したものです。

パッポン通り昼間
パッポン1通りの昼間の風景。

パッポン通り夜
夜になると、屋台だらけになり観光客が大量に押しかける通りになってます。

俺たちもこの辺を散策したけど、目についたのが白人と、日本人もちらほら居ました。
この屋台街はともかく偽ブランドを平然と売ってたりするのですが、これがまた面白いほど
モロバレな偽物で、それをわかっていて平然と買っていく観光客(白人)が多く見受けられましたし
ここでの醍醐味は、店番のお姉さんと値引きの駆け引きを、楽しみながら買い物をする場なんでしょうね。

実は、俺も土産で買ってみようかな?って思ったけど帰国したときに税関で取り上げられる可能性が
高いので、偽ブランドの購入は諦めて、普通になんの支障もないTシャツを数枚購入しました。
一緒にいた同僚や部下も、適当に買ってたみたいだけど、何を買ったかは確認してませんw

こんな感じに、食事と散策に買い物を済ませた俺達ですが、食事をした時のビールもあって
俺以外は、呑み足りない雰囲気だったので、他3名はこの後に夜の街に消えて行きましたwww
他の3人と別れた後は、一人でホテルに歩いて戻り、シャワーを浴びてそのまま寝ました。


さて、ここでタイのコンビニ事情ですが、タイに行って一番多く見かけたのがセブンイレブンで
タイでは、一番店舗数の多いコンビニだそうです。
次に多いのは、ファミリーマートでセブンイレブンほど多くはないけど、そこそこの店舗数は在るそうです。
そういえば、ファストフード系で多く見かけたのは、言わずもがなのマックなのですが
スタバも結構見かけることが多く、バンコク市内では至る所に在るようでした。
一応俺も試しにスタバに入ってみたのですが、スタバの味はどこでも一緒の様な気がしました。
というか、それだけ安心して入る事のできる店ってことですねヽ(´ー`)ノ


次は滞在3日目になるのですが、この話はまた次の日記で書きたいと思います。
一応予告としてですが、3日目は出張中ながらも1日だけのOFFと言う事で、この日は自由行動で
この時の話を書きますのでお楽しみにぃ♪

それでは、微笑みの国Thailand「滞在編3日目」でお会いいたしましょう (* ^ー゚)ノバイバイ



書きなれない旅行記ですが
面白いと思いいたらポチっと
押してやってくださいまし♪
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

微笑みの国Thailand 「滞在編1日目」

どもぉ!今回の選挙は投票したい候補者が居なかったから投票に行かなかったで、おなじみのBalonです。

さて、今回は「滞在編」ということで、スワンナプーム空港到着からのお話になります。

無事にスワンナプーム空港に到着した俺たち一行ですが、初のタイということで、若干テンションが
上昇気味で、搭乗していた機を降りたあとの第一声が、(;´д`)ゞ アチィー!! でしたね

寒風吹きさす寒い日本から、常夏のタイへ来たのですから気温差も余裕で20℃以上ですからね
それは、余計に暑く感じるわけで、空港内はエアコンが利いているとはいえ、移動してる場所によっては
利き目が弱いところもありますので、暑いという風になるわけで、空港内はまだ序の口というか
実際の暑さを感じるようになるのは、外に出てからでした...orz

で、機を降りた後とりあえずは、人の流れについて歩くような感じで、歩く歩道を駆使して歩きました。
途中、喫煙所を発見し歩く歩道を降りて、若干戻るような感じでゾロゾロと喫煙所になだれ込みましたw

一服を済ませた後は、荷物を受け取ってからイミグレーションということで、噂では結構並ぶような話を
訊いていたのですが、拍子抜けなほどに時間もかからず、ものの5分で通過しましたw

ちなみに、混んでいるときは余裕で30分くらいかかるそうですが、今回は本当にそういうことも無く
ある意味ラッキーだったかな?って思っていたりもします。

とりあえず、イミグレを済ませた後ですが、現地通貨がないので近場の両替所で1万ほど両替をしました。
レートは、1万の両替で3470Bくらいだったかと思いますが、当日のレートを覚えてなくてごめんなんさい。
両替を済ませたあと、ホテルまでのルートをどうするかということで、まず出たのがタクシーなのですが
人数的に俺を含めて4人だから、交渉次第では安くいけるのですが、ホテルまでの道を口頭で説明するのも
面倒だし、到着時間的に確実渋滞に巻き込まれる可能性が高いということで却下になりました。

時間的におおよその時間が読めて、渋滞なしということでバンコク市民の足となっているエアポートリンクで
ホテルに直行するということになり、ゾロソロと地下まで移動を開始しました。

最終目的地は、BTSのサラデーン駅途中何度か乗り換えをするのですが、まず最初にしなければならないのは
エアポートリンク(特急)の切符を買わなければなりません。
空港駅⇔パヤータイ駅間で片道90バーツ 往復で150バーツとなっていまして、帰りのことも考えて往復で
買っておいたほうがいいだろうという事で、往復の切符を窓口で購入しエアポートリンク専用改札口を通って
地下ホームに降り立ちました。

エアポートリンク
ホームで待っていると列車のが入ってきたので、折り返しで乗車ができるのを待って、乗り込みました。
※写真は、バンコクナビさんよりお借りしました。(資料写真 パヤータイ駅ホーム)

そういえば、切符を買う前ですが、切符の販売機近くに在った両替所の方が空港内で両替するよりもレートが
よかった事に、駅に着いてから気が付きました(゚Д゚;)
またタイを訪れたら、駅にある両替所で両替をしようと、心に誓った俺でしたw

エアポートリンク車内
で、車内はこんな感じになっていて、日本のJRなどにみられるような雰囲気とかなり違います。
※写真は、バンコクナビさんよりお借りしました。

と、そんなこんなをしていると列車が発車して、15分ほどでパヤータイ駅に到着しました。
次なる難関は、到着したパヤータイ駅でBTSへの乗り換えです。
エアポートリンクの駅からBTSの駅まで大きな荷物を引きずりながら、歩いてると何気に売店を発見!
タイに到着してから、水分を取ってなかったというのもあって、水を10バーツで購入し、一気飲みしましたw
当然一本じゃ足らないので、もう一本購入して、持ち歩きにしました。

さっきから、タイの通貨単位が所々出ていますが、10バーツはいったいいくらなの?って思われると思うので
簡単に説明すると、俺たちがタイにいた時のレートで説明すると、両替所によって両替レートは違いますが
この時の最高レートで説明すると、1万円を渡して3700バーツになりました。
なので、37バーツで100円くらいと計算すると、10バーツ約32円くらいですかね?
購入した水も500mlくらい入ってましたから、日本よりかなりお得な感じもしますね
この先も、ちょくちょく値段の話もも出てきますので、この計算を頭の隅にでも置いて読んでいただけると
幸せなったりするかもしれませんよ?w

では、話を元に戻して、BTSに乗り換えなのですが、タイでの切符の買い方は日本とは少し違います。
日本では、先にお金を入れてから切符を購入しますが、タイでは先に行先の金額を押してからお金を入れて
切符を購入するという感じになっています。
しかも、紙幣を使って購入できる券売機が少なく、おつりを必要としない硬貨での購入というのが多いので
硬貨がない場合は、券売機近くにある窓口で紙幣を両替をしてもらって購入となります。
俺の場合も、水を購入してしまった関係で、硬貨が足りなくなり窓口で両替をして切符を購入しました。

あっ!そうそう、BTSの切符ですが日本みたいに紙の切符ではなく、見た目的にはテレカの様な感じで
改札を通過するときにそのカードを改札の機械に通して、通過するような感じになってます。
で、ここで注意してほしいのは、改札のゲートが閉まる時間が日本より早いということです。
俺自身もこの速さに慣れず、2回ほどゲートに激突しました.....orz
この時は、荷物を押すような形で改札を抜けようとしていたので、荷物だけ先にゲートを抜けて俺だけが
遮断され仕方がなく駅員の居る改札を抜けて、残った荷物を改札から引っ張り出してホームに向かいました。
みなさんも、俺みたいに恥ずかしい事にならない様に、ご利用の際はくれぐれもご注意下さいまし。

ということで、BTSのパヤータイ駅からサイアム駅へ向かい、サイアム駅でBTSシーロム線に乗り換える時に
若干迷いましたが、無事サラデーン駅へ無事到着しました。
サラデーン駅に降りた時には、辺りもすっかり暗くなっていて、歩道には大量の屋台が出ていて何かお祭り?
って思わせるような雰囲気で、ここで一気にテンションがあがりましたw

サラデーンの駅から、ホテルまではそんなに遠くないということで、荷物を引きずりつつコピーしておいた
ホテルまでの地図を頼りに、無事ホテルに到着しました。

シリ・サトーンホテル
今回お世話になったホテルは、Siri Sathorn HOTEL(シリ・サトーンホテル)です。
※写真は、バンコクナビさんよりお借りしました。

Siri Sathorn
ホテルの詳しい内容はこちらからご覧ください。

ホテルのチェックインも無事に済ませられ、ベルボーイに案内されて各人は部屋に散っていきました。
部屋に入ってびっくりしたのですが、ともかく広い部屋で訊いてみたら55㎡もあるうような部屋でした。
部屋の設備は、キッチン、リビング、書斎デスク、キングサイズベッド、バスタブ付のシャワールーム
部屋はベッドルームとリビングは扉で仕切るようなことができる部屋で、俺が一人で使っていいのか?
って思えるような部屋でした(゚Д゚;)

部屋に入って、ベルボーイに部屋の中とホテル施設の説明を受けて、若干のチップを渡してから荷解きと
シャワーを済ませた後に、撮影した写真がこれです。
部屋
TVに映っている番組は、タイの番組ではなくNHKの海外放送チャンネルなので、日本の放送とほぼ同内容で
放送されてましたが、ニュースなどで著作の関係で音声のみの放送というのもありました。

余談ですが、日本とタイでの時差は2時間あり、タイが19時くらいでも日本は+2時間ということで
この時は確か21時ころのニュースが放送されてました。

さて、部屋に入り一服したあとに腹も減ったという事で、同僚なんかと食事に行こうとしたのですが
エコノミーで7時間狭い席にいたので、ゆっくりする時間を作りたいという事で、俺一人で食事に出ました。
ホテルから駅までは、徒歩10分くらい?で行ける距離なので、TシャツとGパンにサンダルという夏の軽装に
着替えて、財布とスマホをバッグに入れて、のんびりと駅まで歩いたのですが、街灯が少ないのもあり
若干薄暗い感じはありましたが、不安もなく普通に歩けましたし、交通量もそれなりにあったので安心して
駅まで歩いていきました。

ただ気になったのは、タイ独特の臭いですかね?日本にいると気にならないような臭いなのですが
何の臭いかは、ちょっとわかりづらかったのですが、その臭いが辺り一帯に漂ってました。
まぁ、それもタイだという事で、気にするのをやめて腹を膨らませるのが先決とばかりに
駅近くに出てた屋台で、タコ足とウィンナーを焼いている屋台があったので、試しに買ってみました。
値段は1本10バーツで、タコ足とウィンナーの串を一本ずつ買って、地元の客がかけていた同じタレを
かけてもらって、ビニール袋に入れて串をさしつつ食べ歩きしてましたが、これがまた味がよくて
辛い物好きなら確実うまいというようなものでしたよ。

で、食べ終えたころに比較的よさそうなレストランが在ったので入って注文してみました。

チキンカレー
夕飯として注文したのが、チキンカレー!味は辛くもなく日本人好みの味というほどでもなかったのですが
俺としては、普通に食べられるようなものでした。
あと、一緒に注文したアイスコーヒーですが、これがまた滅茶苦茶甘くて飲むのに苦労しました(゚Д゚;)
この時のアイスコーヒーとチキンカレー合わせてのお値段ですが、160バーツくらいだったかと思います。
日本円で500円かかってないですねw

ここでの夕飯を済ませたあと少し周辺の繁華街や屋台を散策して、ホテルまでの道にあるセブンに寄って
水のペットボトルとポテチを購入してホテルに戻りましたが、セブンで買った水の値段がやたらと安かった!
水7B、ポテチ14B合わせて21B・・・・日本円に計算するのが面倒なので、適当に計算してくださいw
この二つを購入した後、ホテルに戻って少しゆっくりした後に、シャワーを浴びて、そのまま寝ました。


このあと2日目・3日目・4日目までの話を書くと結構長くなるので、今回は初日分と言う事でここまでにして
また次の話で、残りの日にちの話を書きますね。

では、次の日記微笑みの国Thailand「滞在編2日目以降」でお会いいたしましょう(* ^ー゚)ノバイバイ


P.S
今回は、借り物の写真が多くてすみません。
なかなか撮影する機会がなくて、借り物の写真が多くなりました....orz


書きなれない旅行記ですが
面白いと思いいたらポチっと
押してやってくださいまし♪
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

バーツ両替情報
プロフィール

Balon

Author:Balon
タイへ仕事で行って以来
プライベートで行く事を
日夜考え仕事に励んでいる
おぢさんです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。