スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微笑みの国Thailand 「滞在編3日目」

サワッディー♪ いつもニコニコ早くタイに行きたい!でお馴染みのBalonですヽ(´ー`)ノ

さて、今日は滞在3日目で尚且つOFF日と言う事で、のんびり部屋で寝ていようかと思ったけど
なぁ~ぜか、7時ころに目が覚めてしまい、昨日まで食べに行ってなかったホテルののラウンジで
朝食を摂ることにしました。

さすがに、起きてすぐにというのは出来なかったので、起きて30分ほどボーっとしながら
部屋にあったインスタントコーヒーを飲みながら、リビングのソファーで寛いで目を覚ましてから
1Fにあるラウンジへ降りていきました。

ラウンジのボーイに朝食のチケットを渡し、濃い目のコーヒーを頼んでから空いてる席に座って
コーヒーが運ばれてきた後に、朝食のバイキングコーナーへ食べたい物を取にいきました。

俺たちが泊まっていたホテルは、朝食はバイキング形式で、自分が好きなものを選べるのですが
若干メニューの数が少なくて、メインにパン類、ご飯はお粥とタイのチャーハン、スープは味噌汁と
タイのスープ、サラダは標準的に種類も豊富で、トマトのスライスやレタス、その他の葉物など
ドレッシングも、マヨネーズ系からイタリアンなど数種類用意されてました。
そういえば、チーズなんかも並べられてましたね。

飲み物は、5種類ほど冷たいジュースがサーバーいっぱいに入ってました。
で、この日俺がチョイスしたのは、食パン2枚、お粥、オレンジジュース、果物にサラダという構成で
自分の座っていたテーブルに運んで食べたのですが、お粥が若干塩気が足りず、塩を少し足してから
食べましたが、全体的に言って、かなり優雅な雰囲気の朝食でした。

ただ、この優雅な雰囲気をぶち壊したのが、大声でしゃべりまくりマナーもヘッタクレもない
中国人家族・・・というかマジでやかましいし、富裕層だかなんだか知らないけど見ていて
本当に落ち着きがなく、心の中ではさっさと立ち去ってくれと思っていたのですが
なかなか立ち去らない様だったので、俺の方が早々に食事を切り上げて、部屋に退散しました。

まぁ、中国人のマナーの悪さは知ってましたけど、あからさまに目の前で見せられると
マジで嫌になりますよね・・・さすが世界の嫌われ者?って感じでしたよ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

部屋に戻った後は、TVを観ながらソファーで寛いでいたら、そのまま寝てしまい13時過ぎころかな?
部屋のチャイムの音で、目が覚め誰かが来たのかな?と思いつつドアを開けたらハウスキーパーでしたw

掃除希望札も、ドアに下げてなかったのですが、確認のためにチャイムを鳴らしたとの事
せっかくなので部屋の掃除とベッドメイクを頼みました。
と言っても、俺が部屋にいると邪魔になりそうなので、ハウスキーパーに20Bほどのチップを渡して
遅めの昼食を摂りに外に出たのですが、タイ飯もなんだなぁと考えつつタニヤ通りの方へ行ってみました。

ここには、サラデーンの象徴的?な商業ビルタニヤプラザというビルが在るのですが、その中に
何件か日本食レストランが入っていて、そこで何かを食べようかと思い、タニヤプラザに入って
さっそく日本食レストランの前で、物色を開始w
その中で、気になったのが日本でもお馴染みの、ご飯処大戸屋でございますw
タイにも大戸屋は在るんだね・・・なんて思いつつ店に入ると空いてる席へと店員の女の子に案内され
席に着くとメニューを手渡され、とんかつ定食?、焼き魚定食?・・・・などと考えてたら
タイではそうそう食べられないだろうというメニューがありまして、それを注文しましたw

ざるそば
で注文したものは、こちら!・・・って単なるもりそばなんですけどね(゚Д゚;)

タイにいると、そんなに食べられないだろうと思って注文したんだけど、蕎麦が若干柔らかかった
でも、味は日本で食べる物と変わらなかったですよ?w
そうそう、写真の奥に写ってるのは普通のアイス緑茶なんですが、これをストローで飲むってのも
結構不思議な感覚でしたよ?というか、俺が普段そういう風に飲まないからそう感じたのかも?

食べ終えた後、もりそばの料金140Bを払って店の外に出たあと、別フロアに実銃射撃体験が
できるというショップを発見して、気になって店に入ったところ日本人経営のショップで
日本の方が応対してくれたのですが、話を訊いたところ拳銃数種類に総弾数50発で2800Bで
タイ国軍の射撃訓練場で撃てますよって話をしてくれたのすが、ただバンコクから
行って帰ってきて3時間くらいかかるのと、今日はもう既に受付が終わってるとの事で
明日の午前中ならできますよ?って話をしてくれたんだけど、翌日は帰国するのと
仕事で来てるので、時間が取れないと言う事で次回個人で来た時にお願いしますと
話をして、店を後にしてホテルの部屋に戻る途中、別の会社でタイに駐在員として赴任している
友人から電話があり、今日の夕方から時間が取れますが、タイに来てるのなら
夕飯でも一緒しませんか?というお誘いを受けたので、久しぶりに会うと言う事で
会う約束をしました。

そのあと、どこで待ち合わせる?って話になり

友 「いまどこの地区のホテルに泊まってますか?」

俺 「シーロム地区のシリ サトーン ホテルに泊まってるけど?」

友 「それじゃ、BTSのアソーク駅の改札前で待ち合わせしませんか?」

俺 「行き方としてはどう行けばいい?」

友 「サラデーンからBTSで行けますけど、途中乗り換えが面倒なので地下鉄のシーロム駅から
スクンヴィットに出てそこからアソーク駅まで歩いた方が早いですよ?」

俺 「地下鉄ってMRTでいいんだよねえ?」

友 「はい!そうです。サラデーンの駅からシーロムの駅は通路で繋がってますから、そこを
歩いて行けばシーロム駅まですぐですよ」

俺 「了解!で、待ち合わせの時間は何時にする?」

友 「16時半はどうですか?そのころにアソークに行けますので」

俺 「OK!じゃアソーク駅の改札前に着いたら、こっちから電話するよ」

友 「はい!もしかしたら電車に乗ってる可能性もありますが、気にせず電話をください」

俺 「了解!またあとで電話するよ」

友 「では、またあとで」

という会話で、友人との電話は終了しました。

実は、俺たちがタイに行く前に、友人にはメールでタイに行くことを知らせていたのですが
仕事で時間が取れないかもしれないです。という返事が届いてたのですが、うまく時間が取れた様で
久しぶりに会う友人に、日本からの土産を・・・・って何も買ってねぇ!?
というか、急に会う事になったし土産がなくてもいいかっ?って事で土産の事を気にするのを
やめて、そのままホテルに戻りました。

部屋に戻ったのが14時半くらいで、しばらく時間があると言う事でまたリビングのソファーで
TVでHNKの海外放送を観ながら、時間をつぶして15時半過ぎに、準備をして部屋を出ました。

この時なんとなく歩くのが面倒だな?って思ってしまい、ホテル近くにいたモーターサイの
運ちゃんを捕まえて、シーロム駅まで行くように交渉し60Bなら行くと言う事で
あまり時間もなかったので、それでOKしたのですが、少々高かった様な気がしましたが
細かく気にするのもなんだなと思って、そのまま乗り込み5分ほどでシーロム駅入り口に到着
駅入り口から地下に降りて、スクンヴィットまでの切符を購入し、ホームに降りて
来た地下鉄に乗って、スクンヴィットに向かいました。


と、ここでタイの地下鉄の切符の説明とモーターサイの説明です。
タイの地下鉄の切符は、前回「滞在編1日目」で説明したBTSのテレカの様な切符ではなく
ICチップが埋め込められた黒いコインの形をしています。
購入の仕方は、BTSと一緒で目的地の料金を先に押してから、料金を券売機に入れて
出てきたコインを受け取り、改札の読み取り部分にSuicaなどをかざすのと同じように
黒いICコインをかざして改札を通過するような感じになってます。
降車駅では、改札にICコインを投入する口があるので、そこに投入して通過します。
こんな感じなので、BTS同様地下鉄も一回乗ってしまうと慣れると思うので
乗った事のない方は、ぜひトライをしてみてください。

あともう一つのモーターサイですが、簡単に言えばバイクタクシーです。
日本では、もちろんバイクタクシーなんて走っては居ませんが、タイでは庶民の足であり
大通りなどで客待ちをしているモーターサイの運ちゃんを多く見かけますので
こちらも機会があったら、乗ってみると結構楽しいしノーヘルで乗る感覚は凄くいいですよw

この他に、三輪タクシーのトゥクトゥクなどもありますが、これはご存知な方も多いと思いますので
説明は以下略・・・というかGoogleで適当に検索すれば、結構出てきますのでそちらをお試しください。


では、話を元に戻して、さっきの話の続きですw
どうにかこうにかですが、スクンヴィット駅で降りて、看板を頼りにアソーク駅の改札前に到着し
友人に電話したところ、友人もちょうど駅に着いたところで、無事に合流できました。

合流後は、アソーク駅前にあるファッションビル ターミナル21へ向かいました。
ここは、去年の10月にオープンし9階建てのショッピングセンターと20階建ての
サービスアパートメント(ホテル)が入っています。
この、ターミナル21は世界各国を模したフロアーがあり、中には日本のフロアーなどもありましたが
日本フロアーの店の看板などは、日本人から見たら怪しさ満載?状態で結構楽しめますよw

友人と合流した俺達ですが、何を食べるか決めてなくて昼に日本食を食べたので、タイ飯でも
と言う事で、フードエリアにあるタイレストランに入り、友人に適当に注文してもらいましたw

お互いに辛い物好きと言う事もあり、辛いモノ中心で注文してもらい食べたのですが、タイの麺を
辛めのソースと混ぜて食べる物は美味しかったですよ。
その他に、タイの東北の料理イーサン料理でもち米と一緒に食べる料理もあって、これも美味しく
いただきましたw
というか、この時も写真を撮り忘れていて、何品頼んでどんなのを食べたのかあまり覚えてなくて
記憶的に、かなり曖昧になっていて申し訳ありません <(_ _)>

そんな感じで、食事を済ませて支払いは?となった時にせっかく時間を作ってくれたのだから
今回は俺がごちそうするという事で、俺の方が支払いましたがこの時に支払った金額が
確か1200Bくらいだったかと思いますが、自分的には二人で食べてこれくらいの値段なら
結構安かったんじゃないかな?と思ってますが、どうなんでしょうね?w

そのあとは、友人の勧めもあってタイの携帯を買いに行くことになり、友人の案内で携帯ショップへ
タイの携帯は、日本の携帯と違って、SIMフリーである事と、プリペード式だと言う事なので
自分の好き携帯を購入して、好きな電話会社のSIMを買ってチャージすればタイ国内ですぐ使える
そうなので、早速購入しましたw

実は、俺がタイの携帯を購入する切っ掛けとなったのは、日本国内で使っている携帯でタイにいる時に
着信すると、発信側だけではなく着信した側にも料金がかかると言う事で、無用な料金請求を
避けるという意味合いもあって購入したのだけど、着信で1分辺り120円くらい取られるらしいし
出来るだけこういうのは避けたいし、仕事で来てるとなおさら個人での出費は抑えたいからね

タイ携帯
購入した携帯はSAMSUNGの一番シンプルなもので、メールと通話しかできないものです
しかも、タイ語は全く読めないのでメール機能は使いませんw
SIM 123
購入したSIM は、1・2・call のSIMです。(国際電話不可)
一応このセットで1000Bかからなかったと思います。日本円だとたぶん1800円くらいかな?

チャージレシート
SIM には最初から20Bほどチャージされていたけど、足らないと思うので追加で100Bを
チャージした時のレシートですw 

携帯を購入した後は、友人は用事があると言う事で、アソークの駅前で別れて俺一人
ターミナル21へ戻ってショッピングセンター内を散策してたけど、この中は本当に広くて
観てて結構楽しかったですよw

吊り橋1
これは、ターミナル21のサンフランシスフロアーの橋のジオラマで橋脚の部分から撮影しましたw

吊り橋2
こっちは、別の角度から撮影したものです。

ここの他に、ハリウッドフロアーに巨大なオスカー像も在ったのですが、そっちはうっかり
撮影し忘れました.....orz
またタイに行ったときに、撮影してきますのでその時までお楽しみにぃ~♪

まぁこんな感じで、適当にターミナル21を散策し終えて・・って全部観てないけどね?w
時間的にいい時間になったので、とりあえずホテルに戻るべく、スクンヴィット駅に向かいました。
本当は、ナナの方まで行こうかと思ったけど、時間的な事を考えて素直にホテルに戻る事にw

スクンヴィットから無事にホテルに戻った後は、翌日の帰国もあるのである程度荷物を片付けて
他の連中の様子を見に部屋に行ったら、見事に3人とも部屋に居ませんでしたよwww
タイ最終日だからどこかの盛り場に繰り出しているんだと思うけど、遅くならないうちに
戻ってくることを願うばかりでしたと・・・一応書いておこう?w

というか、大人なのだから心配する必要はないんだけど、朝まで戻ってくればいいやって
くらいで考えて、俺はさっさと寝ましたよw



と言う事で、微笑みの国Thailand「滞在編3日目」はいかがだったでしょうか?
写真の枚数の少なさと、文字数の多さはかなり否めないので、その辺も今後の課題として
皆さんの読みやすいように、試行錯誤していく所存ですので、どうかよろしくお願いいたします。


次回は、いよいよ「帰国編」と言う事で、今回の旅行記は最終回になりますが
引き続き日記を書いていきますので、よろしくお願いいたします。

それでは、次回 笑みの国Thailand 「帰国編」でお会いいたしましょう!(* ^ー゚)ノバイバイ


あなたのポチっ♪
一押し一押しが
俺にタイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング
                                                              

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

バーツ両替情報
プロフィール

Balon

Author:Balon
タイへ仕事で行って以来
プライベートで行く事を
日夜考え仕事に励んでいる
おぢさんです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。