スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC版Kindleのインストール。

未購入の方は是非ともポチって下さいませ。

※此方のAmazonへのリンクは「子猿うきゃうきゃ日記」の紹介ですので、購入時はたーれっくさんの
 ブログ経由でAmazonから購入して頂けるようお願い致します。


たーれっくさんが、書かれているブログ「バンコク・子猿うきゃうきゃ日記」内で、何度も紹介されている
コミック「子猿うきゃうきゃ日記」が、TOPのAmazonへのリンクの通りAmazonで電子書籍化されたのを
期にスマフォ以外の端末、つまりPCやMacでKindleの電子書籍が読める方法が、たーれっくさんのブログで
紹介されていたので、私もやってみようかと思いその挑戦とインストール過程を紹介しようかと思います♪

先ず、たーれっくさんのブログで紹介されている、PC版KindleのインストールとAmazonでの電子書籍の
購入方法が書かれたサイト「Windowsで(スマホと同様に)Amazon Kindleの本を読む方法について」と
長いタイトルですが、まぁあまり気にせず、このまま進めると言う事で、このまま進行します(笑)

で、先ず上記の紹介サイトのリンクをクリックすると、別窓でサイトが開きますので、最初はそちらを参考に
された方が、理解しやすいかと思いますので、それを前提にインストールの方法をご説明します。

先ず、サイトの上部に書かれている通りに、GmailとAmazonの会員登録を先に済ませます。
多分、たーれっくさんのブログを読まれている方は、既にAmazonの会員登録を済ませ
「子猿うきゃうきゃ日記」を、購入されている方が多いと思うので、その辺の詳しい説明は省きますが
もしAmazonの会員登録を済ませて居ない方が居りましたら、紹介サイト内で書かれている手順に沿って先に
登録を済ませる事をお薦めします。

では、少々前置きが長くなりましたが、そろそろPC版Kindleのインストール方法について説明致します。
先ず、「BlueStacks」を開いて頂いたあと、ご自分が使用しているPCまたはMacに依ってダウンロードする
ソフトが異なりますので、スクリーンショットをご覧に頂きながらインストールを進めていって下さい。

DLHP TOP

既にお気づきかと思いますが、紹介サイトのTOPが変更されていますので、Winは左、MACは右のアイコンを
クリックして下さい。

DLHP_01.jpg

アイコンをクリックするとページが変わりますので、暫くするとダウンロードを促す表示が下の方に
表示されますので、赤枠で囲った保存を押して保存するか▼を押して名前を付けて保存するで任意の場所に
ダウンロードが可能ですので、私としては気楽さと言う事で、▼を押してデスクトップに保存をしています

次にソフトのダウンロードが終了すると、任意の場所に「BlueStacks-SplitInstaller_native」と言う
ファイルが、表示されます

インスト_01

上記のファイルをクリックすると、警告表示を有効にしている場合は、このスクリーンショットの様な警告が
表示されますが、気にせずそのまま実行を、押して下さい(笑)
※発信元を消しているのは、私のPC名などが表示されていたため、修正で隠させて頂きました。(汗

bluest16.jpg

実行を押した後次に、上記の表示が出ますので、そのまま「はい」を押して下さい。
※上記の表示をスクリーンショットで撮影しようかとしたのですが、何故か撮影が出来なかったので
 本来の紹介サイト様よりお借りしました。(汗


インスト_03

「はい」を押した後に上記のスクリーンショットの様になりますので、今回も同じ様に赤枠で囲まれた
Continue」をクリックして下さい。

インスト_04

Continue」を押した後に、上記の☑表示されますので、一番下の☑を外し上の2個の☑だけを残し
そのまま右下の赤枠で囲まれた「Install」を押すと、インストールが開始されます。
因みに、一番下の☑を外すのは、一日一回スポットをあてたアプリを紹介する余計な機能みたいなので除外を
するため☑を外しておく事を、お勧め致します。

インスト_05

インストールが開始されたら、このまま終了するまで暫く待ちましょう。(笑)

起動イメージ

インストールが完了すると、上記の様なローディング画面になりますので、画面が切り替わるまで
暫く待ち下さいませ。

新規インスト後_01

ローディング画面から起動直後のTOP画面です。
そしてここからの作業は、KindleのインストールとGoogleのログインにAmazonへのログインとなります。
先ず最初は、左上の虫眼鏡アイコンをクリックして「Kindle」を検索してください。

Kindle_001.jpg

キーボードが、日本語を選択出来ない為に英文での入力となりますが「Kindle」と入力している間に
意外と簡単に検索に引っ掛かったりしますので、見つけ次第そのままKindleアイコンをクリックしても
大丈夫です。
※今回は、説明のためきちんと入力した形で、スクリーンショットを撮影しております。(笑)

Kindle_002.jpg

Kindleのアイコンをクリック直後に、上記のような画面に切り替わりますが、右下の赤枠に囲まれている
「Continue」をクリックすると、また次へ進みます。

Kindle_003.jpg

さて、ここからが若干面倒になりますが、挫けず肩の力を抜いて、gmailのアカウントを持っている方は
そのまま「既存のアカウント」をクリックし次へ進んで下さい。
もし、gmailのアカウントを持っていない場合は「新しいアカウント」をクリックしてそのまま登録を
行って下さい。

Kindle_004.jpg

gmailのアカウントを持っている方は、ここでgmailアカウントとパスを入力して下さい。
因みに、先程も書きましたがこのソフトは日本語キーボードを使う事が出来ませんので、アカウント入力時に
@マークを入力したい時は、Shiftを押しながらキーボード上部の数字の2を押すと@マークを入力出来ます。

Kindle_005.jpg

で、、、私も若干ここで躓いたのですが、gmailのアカウントとパスが間違って居ないのに
この表示が出る場合は、無視して右下の次へを押して次に進んで下さい。(汗
※gmailのアカウントとパスが合っているにも関わらずこの表示が出る原因として、gmailのセキュリティ
強化の影響で、二段認証と言うものが存在し、それを通していない場合にこの様な現象が起きるようです。


Kindle_007.jpg

と言う事で、私と同じ様に弾かれてしまった方は、「次へ」を押すと上記の画面になりますのでここで改めて
gmailのアドレスとパスを入力し、ログインを行って下さい。

Kindle_008.jpg

ログイン後に、二段認証プロセス画面が表示されますので、ここで登録してあるスマフォなどのアドレスへ
コード番号を自動送信してもらい、送られてきたコードを入力し「確認」を押して認証を行って下さい。

Kindle_009.jpg

コードが認証されると上記の画面になりますので、ここは何も行わず黙って「次へ」をクリックして下さい。

Kindle_010.jpg

ここも、何もすることがないので、そのまま赤枠に囲まれている「Continue」をクリックして
次へ進めて下さい。

Kindle_011.jpg

で、またここで、gmailのアドレスとパスを要求されるので、先ほどと同じ様にアドレスとパスを
入力してログイン!

Kindle_012.jpg

はいっ!ここでもまた二段認証を求められますので、再度送られてきたコードを入力し
赤枠に囲まれた部分の☑を入れてから、サクっと「確認」を押して下さい。

Kindle_013.jpg

ここまで来ると、ようやくKindleのインストールを行う事が出来ますので、左上の「インストール」を押して
Kindleのインストールを済ませましょう(笑)

Kindle_014.jpg

ここは、何もせず「同意する」をクリックし次の画面へ進めましょう。

Kindle_015.jpg

まぁ、余り必要のないスクリーンショットですが、一応手順説明と言う事で
Kindleのインストール画面です。(汗

Kindle_016.jpg

インストールが終了し、この画面に切り替われば、Kindleのインストールは一応終了になりますので
そのまま「開く」をクリックしてKindleを開いて下さい。

Kindle_017.jpg

Kindleのローディング画面です。、、、、Kindleが開くまで若干時間が掛かりますので暫くお待ちください。

Kindle_018.jpg

Kindleのローディングが終わると、上記の画面になりますので「読み始める」をクリックして下さい。

Kindle_019.jpg

ここまで来ましたら、次はAmazonのアカウントとパスを入力し、サインインをして下さい。

Kindle_020.jpg

Amazonにサイイン後、自動的にAmazonと同期を始めますので、同期が終わるまで暫く待ちます。

Kindle_021.jpg

Amazonと同期が完了すると、ようやくですが「子猿うきゃうきゃ日記」を読めるようになります。(汗
と言うか、上記の状態になるまで、Kindle上の画面で幾つかスクリーンショットを撮影し忘れていますが
些細な部分なので、省略させて頂きました。、、、、orz

Kindle_022.jpg

これで、待望の「子猿うきゃうきゃ日記」がPCで読めるようになったわけですが、一つ気になる部分が
ありまして、、、、既にお気づきの方もいるかと思いますが、左上の緑のが、ずっと表示されっぱなしで
邪魔で仕方が無いと言うか、本当に邪魔で仕方が無いのです。
バグなのかOSの影響なのかそれとも、他に原因があるのかは今のところ不明ですがコミックを読む分には
支障がないので放置しておいて、そのうちの修正で直ってくれたらラッキー!的な感じで居ます。(汗

Kindle_023.jpg

因みに、上記の画面はKindleをフルスクリーンにし「子猿うきゃうきゃ日記」を開いた時の画面です。(笑)
それと、書籍のページ送りですが、若干面倒になり、マウスで左クリックしながら左から右へスライドさせる
といった感じの方法とマウスのカーソルを左端または右端に置いて、左クリック一回でもページ送りが
出来る様になっているので、若干面倒になりますが、スマフォやタブレットでやるのと変わらない動作なので
あまり気にはならないかと思います。

ただ一昨日前にたーれっくさんのコメントに書き込みを行った時には、キーボードの矢印キーでページ送りが
出来たのですが、今回説明の為に、一度完全にアンインストールを行い、最初から入れなおしたので
その影響で操作のほうが若干変わった可能性もありますが、それ以外は、先日インストールを行った時と
変わらないので、一応は大丈夫かと思います。


今回は、かなり長いブログとなりましたが、最後に「BlueStacks」の終了方法と自動起動防止設定の説明で
終了とさせていただきたいと思います。

先ず、「BlueStacks」の終了方法です。

タスクバー

私が、使用しているPCのOSはWindows7のため他のOSを使っている方と、若干表示が違うかもしれませんが
説明させて頂きます。、、、先ずモニタ画面右下の▲をクリックします。

終了方法

次に、赤枠で囲まれているアイコンを、右クリックして終了を選んで終了させて下さい。
何故、この動作が必要なのかと言うと、実は「BlueStacks」は、窓右上の×を押しても左下の丸に×を押して
閉じても、バックグランド上ではそのまま起動し続ける為、使用後完全に終了させるためには、上記の方法で
終了させる必要がありますので、使用後は窓を閉じた後には完全に終了させるようにして下さい。

これで、最後の説明となりますが、この「BlueStacks」は初期設定の状態では、OSが起動すると同時に
自動起動をする為、それを避けるための設定となります。

自動起動中止設定

先ずディスプレイ左下のスタートをクリックをし、その中にある「プログラムとファイルの検索」に
「msconfig」と入力し、必要に応じてEnterキーを押して下さい。

自動起動設定_01

「msconfig」が見つかると上記の様に表示されますので、そのまま「msconfig」をクリックして下さい。

自動起動設定_02

次に、この表示が出ましたら、「スタートアップ」のタブをクリックして下さい。

自動起動設定_03

「スタートアップ」の中にある「BlueStacks」を探し出し☑を外し「適用」→「OK」の順でクリックして
窓を閉じてください。

自動起動設定_04

最後に「再起動」または「再起動しないで終了する」の好きな方を選び、クリックして下さい。
因みに、「再起動」を選択した場合は、PCその物の再起動が行われますので、再起動をしたくない場合は
そのまま「再起動しないで終了する」をクリックして窓を閉じて下さい。

以上、長々と書きましたが、今回のブログの冒頭にも書いてある
Windowsで(スマホと同様に)Amazon Kindleの本を読む方法について」を読んだ方が解りやすい部分も
ありますので、もしPC版Kindleをインストールする際は、私のブログは参考程度にし、メインで上記の
サイトを、参考にされたほうが解りやすいかもしれませんので、宜しくお願い致します。<(_ _)>


あなたのポチっ♪
一押し一押しが
タイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

ほぼ一年ぶりのブログ更新、、、、orz

いやはや、昨年仕事で訪タイしてから、一年経ち、ブログ開設からまもなく一年を迎えようとしておりますが
今年一年は、散々タイに行くぞぉぉ!!と意気込んで居ましたが、仕事に追われる日々&休みがほぼ取れない
状態で、訪タイするどころか、むしろ国内の仕事が最優先だ!と言う様な感じで過ごしていましたが

ようやっとですが、来年にはどうにか訪タイが出来そうな雰囲気になってきたので、仕事の状態を見ながら
訪タイが出来る日程を、組もうかと考えてります。

と言うより、もう既に訪タイしたら、何をしようかと一部決めている事もありますが、それ以外にも幾つか
決めなければないらない事も、あったりしますが、その辺は追々と言う感じで決めて計画を練っていこうかと
考えてます(笑)

ここで少々宣伝となりますが、私も参加しているSNSでThai:Po(タイポ)というサイトがあります。
そこでは、日々タイポに参加しているメンバーさんが書く日記に依って、タイについていろいろな情報を
知る事が出来、尚且つ有益な情報も知る事も出来ます。

多分、私のブログの存在は忘れ去られている可能性が、かなり高いかと思いますが、もしタイに興味を持ち
たまたま、私のブログに流れ付き、このThai:poを知る事になりましたら、是非ともGoogleで「Thai:Po」で
検索をしてみてください。
そこで知り得る情報は、きっと貴方のタイライフの助けになってくれると思いますので、興味が湧きましたら
是非ともタイ好きが集まるSNSサイト、Thai:Poを宜しくお願い致します。


と言う事で、去年のブログからほぼ一年ぶりのブログ更新でしたぁ、、、因みに今年のXmas及び年末年始は
一人寂しく日本国内で過ごす予定です、、、orz



あなたのポチっ♪
一押し一押しが
タイの楽しさを
教えてくれます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

バーツ両替情報
プロフィール

Balon

Author:Balon
タイへ仕事で行って以来
プライベートで行く事を
日夜考え仕事に励んでいる
おぢさんです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。